結ばれる、というのは、ある二つの紐が結び合わされるように、それは他人にはほどきにくいものである必要があります。もしその紐の結び合わせがゆるければ、すぐにほどけてしまい、離れてしまうものになります。離れないようにするには、より固く、結び合わされる必要があります。私達が経験する結婚というものも、そのように固く結び合されるための儀式のようなものかもしれません。その結婚というものを通して、二人が今後ずっと一緒であることを誓い合い、お互いのことを考えながら家庭を気付いていく、その門出を祝う一生に一度の機会となります。その一度しかないはずの機会を、誰もが思い出に残る機会と出来るようにしたい、と願うのは当然のことかもしれません。

結婚式をどのように挙げるか、という点はそのことに直接関係してきます。どこで、どのように結婚式を挙げるか、どんな人を招待するか、という内容的な部分も考えなければなりません。ただのパーティーとは異なりますから、ある程度前から結婚式そのものを考えることによって、計画も、その遂行もスムーズに進んでいくでしょう。私達はそれを願っているからこそ、結婚式を挙げると言っても過言ではありません。

二人の門出を祝うための結婚式、その結婚式場をどこにするか、それを決めるのは重要なポイントとなります。なぜなら、どの結婚式場で結婚式を挙げるかという点は、どんな内容の結婚式を挙げるか、という点と、密接に関係しているからです。それは、生まれ育った故郷なのか、綺麗な海が見えるチャペルなのか、四季折々の自然に囲まれた式場でも良いでしょう。結婚式は自分が主役になれる唯一の時です。後悔のないように、理想の式場を探しましょう。

Comments are closed.